VIO脱毛って痛いの?デリケートゾーンのムダ毛処理事情

「VIO脱毛はワキ脱毛や足脱毛に比べて格段に痛い!」

コレ、アナタもどこかで聞いたことのはず。

口コミやネットの体験談を見ても、VIO脱毛は痛みがスゴイ、というような意見が多くあげられていて、VIO脱毛を考えている人の恐怖を煽っています。

でも…VIO脱毛は好みのデザインの水着や下着を楽しんだり、生理の時でも清潔に保てたり出来るから、できることならやっておきたい、そう思う方も多いです。

そこで今回VIO脱毛について徹底考察!
あまり痛くない脱毛方法についても紹介していくので、是非参考にしていってくださいね

はっきり言います!VIO脱毛は基本的に痛い!

冒頭で触れた通り、VIO脱毛はどの口コミサイトや体験談を見ても、圧倒的な数の方が『痛い』と言うほど、痛みが伴います。

特に、クリニック等で行う『医療脱毛』扱いのVIO脱毛は超痛いみたい。

でもこれ、VIO自体がカラダの中でも皮膚が薄くデリケートな箇所のムダ毛を処理しようってことだから、当然っちゃ当然なんですよね…。

そんなVIO脱毛の痛みですが、人によって痛み方が違っているようで「輪ゴムで思いっきりはじかれたときのような痛み」と言う人から、「どんな痛みよりもかなり痛い」と言う人まで、感じる痛みが違うのも特徴的。

しかし中には、同じVIO脱毛した方の中にも、「そこまで痛くなかった」「想像してたよりずっと楽」なんて人も多いんですよ。

この違いって何なんでしょうか。

VIO脱毛で痛みを感じる理由

VIO脱毛で痛みを感じる人と感じない人、この違いは脱毛施術の時に使用される機器、そしてあなた自身の毛の濃さが関係しています。

そもそも、結構痛みに差が出ている医療脱毛もサロン脱毛も、実は根っこの部分では同じ仕組みです。

【脱毛の仕組み】
1.メラニンに反応する可視光線を肌に当て、肌の中に埋まっている毛根のみにダメージを与える
2.1を毛の生え代わり周期に合わせて繰り返す
3.だんだんと毛が生えなくなってくる

医療脱毛が痛いと言われる理由

そのため、一番の違いに医療脱毛とサロン脱毛の痛みの違いになってくるのが、可視光線を当てる機器の部分。

早い話、医療脱毛で使用する機器がめちゃめちゃハイパワーだから、同じような施術でも超痛いってワケです。

だから効果が高い反面、火傷等の皮膚トラブルが起きやすく、「医療行為」として扱われているんですよ。

皮膚に痛みを感じる理由

また、脱毛自体色が黒い(毛が多い)場所に光線が反応するため、結果的に濃くて太い毛が多ければ多いほど範囲が広くなって痛くなることに繋がります。

要はこんな感じ。

・ムダ毛が濃くて毛量が多いほど、毛が薄い人より痛みを感じやすい
・そのうえで皮膚が軟らかい場所ほど痛く感じやすい
・骨に近いと皮膚も薄くなっているので、痛みを感じやすい

さてここでVIO(デリケートゾーン)の毛について思い出してみましょう。

【アンダーヘアの毛の特徴】

・太くて濃い毛が密集
・皮膚が軟らかい
・骨との距離が近い

…見事に全部当てはまりますね…。

コレがアンダーヘアを処理するVIO脱毛が、基本的に痛いと言われる理由です。

VIO脱毛は痛い、でもそれ以上にメリットが多い!

そんな『痛い』イメージが付きまとうVIO脱毛ですが、それ以上に魅力的なメリットがたくさんあるのもまた事実。

そこでここからは、VIO脱毛をやってよかった人に聞いた、VIO脱毛のメリットをいくつか紹介していきたいと思います。

自己処理面でのメリット

「自己処理が減って肌の調子が良くなった!」
「カミソリ負けや間違って傷つけることがなくなった!」

VIO脱毛にすると、デリケートゾーンに傷つけることなく、気軽に除毛できるのでリスクが少なく、自己処理の手間も省けることが、体験者の中では特に多い意見でした。

見た目、おしゃれ面でのメリット

「ギリギリのラインの水着を選べるようになった!」
「きちんと処理している安心感から自信がつく」
「清潔感があって、彼氏の受けもいい!」

VIO脱毛してアンダーヘアを整えることで、水着や下着を遠慮なくできるようになったり、見えない場所の処理もしっかりできているからこそ自信を持てるようになったり。

多くの人がVIO脱毛をして『良かった』と感じている方が多いようです。

衛生面でのメリット

「蒸れやかぶれからくるニオイが気にならなくなった!」
「整理時の悩みが減少してうれしい!」

このような意見が多く、VIO脱毛するとニオイや生理の時の悩みが解決するのが、VIOをやってよかった理由となることが多いようです。

VIO脱毛はやり方1つで痛みを緩和できる

しかも、VIO脱毛の痛みは、脱毛のやり方を工夫することで、痛みをある程度緩和することもできます。

様々なメリットが多いからこそ、以下の方法でVIO脱毛の痛みを和らげつつしっかりとケアしてみませんか?

事前にできる対処法 施術中にできる対策
・体調不良の時の施術は避けるようにする
・生理前後の施術はやめる!
・脱毛部分の肌のうるおいを保つようにする!
・脱毛中に冷却を申し出る
・マシンの出力を下げてもらう

また、脱毛サロンによって、光脱毛の方法について違いがあり、以下のような種類があります。

・S.S.C脱毛(ミュゼなどが主流)
・IPL脱毛
(銀座カラーなど)
・ハイパースキン脱毛
(ディオーネ)

これらの痛みの度合いを並べると、以下のようにハイパースキン脱毛が痛みは最小限なので、脱毛サロンを選ぶときの参考にしてみるのも一つの手ですよ。

ハイパースキン脱毛<S.S.C脱毛<IPL脱毛

まとめ

最後にもう一回だけ言います。
VIO脱毛は基本的に痛いもの!

でも、脱毛した後はたくさんのメリットがあるので、「やっておいて損は全くない」です。

だからこそ、痛みを最小限に行うことが出来る脱毛サロンを見つけていくといいでしょう。

ムダ毛のない、キレイな肌を武器に様々なファッションに挑戦するためにも、是非一度ご利用を検討してみてはどうでしょうか。